トロフィーを目指してスポーツで優勝しましょう

陸上競技や水泳、球技などのスポーツの試合で見事に優勝すると、賞状やメダルが授与され、さらにはトロフィーも授与される場合があります。トロフィーは大きいサイズのものから小さいサイズのものがあり、団体競技の場合は学校や企業に渡すことが多いため、大きいサイズのものを使用します。個人競技の場合は個人に渡すため、小さいサイズのものを使用します。学校や企業は、受け取ったトロフィーを応接室や校長室、社長室などに飾ることが多いです。その理由は、応接室や校長室、社長室は来客が出入りしやすく、人目につきやすいからです。人目につきやすい部屋に飾ることにより、その学校や企業の印象が上がるだけでなく、話題にもなるので、相手が取引先の場合、話が進みやすくなる場合もあります。個人で受け取った場合には保管方法は人それぞれで、来客の目につく場所として玄関に飾ることもあれば、リビングなどの家族が集まりやすい場所に飾ることもあります。埃がかぶらないように、ガラスケースや棚に保管することもあります。スポーツで優勝することにより、会社に就職している人は待遇が良くなることもあり、それが自信につながってきます。スポーツで優勝を目指して、日々頑張りましょう。

スポーツ大会で使われるトロフィーのついて考えよう。

トロフィーというとスポーツ大会等で使用される金色のカップを思い浮かべると思います。金色をしていますが純金である事は殆ど無く亜鉛ダイキャスト等の金属に金メッキをしたものです。元々トロフィーはスポーツの試合や競技会等の勝者を儀式的に称える為に作られたもので、その形状や素材等は統一されておらず、今までも様々な物が作られてきました。素材は、金、銀、銅、アルミ、ステンレス、真鍮、アンチモニー等が一般的です。それぞれに特徴があります。例えばアンチモニーならば重量感があり、メッキの直しができないので長期の保存は不向きですが比較的安価な価格で手に入りますし、銀メッキの真鍮カップは最も一般的な優勝カップで銀メッキの加工から長期的な保存にも向いています。最近ではクリスタルガラスの様な独特の輝きを発する鉛ガラスを使い、豪華さもありインテリアとしても十分な美しさのあるものも増えて定着しています。変わった所では、狩猟の大会等で自分で仕留めた鹿の首などを剥製にして素材として使うものもあります。又、七宝焼きの様な伝統的な工芸技法のよって作られたカップもあります。この様に、これからも様々な素材や加工方法によって新しいトロフィーが作られていく事でしょう。