トロフィーがスポーツの試合などで贈られるようになった起源

トロフィーは主にスポーツや競技などの大会で優勝した時に与えられます。時には文科系や芸術系でも授与されることもあります。優勝カップや楯、像など数種類があり、そのまま授与者の物になるものと一定期間所持した後に返却しなければいけないものもあります。元々の語源はギリシア語で、戦争で奪った鎧兜や楯などを戦利品として飾る習慣があったことが起源と言われています。古代ギリシア時代は戦争に勝った時に敵が撤退した場所に木の柱や切り株を立てて、敵から奪った戦利品を吊るしたのです。そしてその周囲で祝勝の歌を歌ったと言われています。または戦争が終結してからしばらくたった後に勝利者の都市の広場などに青銅や大理石のモニュメントを建てました。しばらくはこのモニュメントを建てるタイプの祝い方が盛んでしたが、さらに時代が過ぎてくるとだんだん小さくなってきて、カップや楯などと共にヨーロッパで勲章のような役割を果たすようになりました。スポーツ大会などで優勝記念のトロフィーにされたのは19世紀後半でした。今は優勝記念などだけではなく、結婚祝いや出産祝い、父の日や母の日などのイベントでもプレゼントとして贈る人も少なくありません。一生残る思い出の品としてトロフィーを贈るのも素敵です。

トロフィーはスポーツという競技において最高の栄誉です

トロフィーは、スポーツと言う名の競技において、これ以上無い最高の栄誉と言う事が出来ます。それによって今までの自分の努力を証明する事が出来るし、何よりも自分の凄さ、強さを示す事が出来ると言えるでしょう。それによって、沢山の人達に勇気を与える事が出来るので、英雄視される事も間違いありません。そう言った意味でも、全ての参加者達がそこを求めてしのぎを削るというのは、至極当然の事と言えるでしょう。今後の自分の人生においても、大きな自信を持って取り組む事が出来るので、スポーツ以外の分野でも最高の結果を常に出して行く事が出来ます。トロフィーを手にする事は簡単な事ではありませんが、だからこそ、目指しがいのあるものだと言えるでしょう。実際に手に入れる事が出来たら、その時の思いをいつまでも忘れない様に、部屋の中の見える場所に飾っておく事をお勧めします。良き思い出の品としてはもちろんの事、落ち込んだ時などでも、非常に素晴らしい効果を生む事が出来ます。その時の事を思い出す事によって、自分を奮い立たせ、その足を前に歩ませる事が出来る様になるでしょう。トロフィーを手にしたと言うその事実そのものが、人間としての自身を強くしてくれるのです。