3つのトロフィーを競うスポーツ

毎年お正月に必ず行われているはスポーツに駅伝がある。実業団がエントリーする社会人駅伝が元旦に開催され、大学対抗駅伝が2日と3日の二日間に分けて行われる。駅伝好きな人にとってはテレビの前から離れることのできない中継となる。1本のたすきをチームでつないでゴールを目指すが毎年さまざまなドラマが生まれ今やお正月の風物詩の一つになっている。特に大学対抗駅伝は往路と復路の全10区間を二日にわけて走行する。往路優勝、復路優勝、総合優勝を争うことになるのだが、それぞれに優勝トロフィーが違っている。もちろんどこの大学も総合優勝を目指して2日間を走り抜けるのである。駅伝は日本特有のチームスポーツである。一人の選手の力がずば抜けていても優勝にはつながらない。チームの選手全員が安定した力を大会当日に出しきらないと勝てないスポーツである。優勝候補と言われたチームであったとしても大会当時にエントリーしていた一人の選手が不調であればゴールすらかなわないこともあるのである。往路と復路ともに優勝を飾れば総合優勝となり3つのトロフィーを手中に収めることができるが、往路、復路、総合とタイムにより競われるので3つのトロフィーが別々の大学で分け合うこともあるのだ。一つの同じ種目で3つの優勝がある競技と言える。

スポーツ大会のトロフィー

各自治体や地方団体、企業などでは行事の一つとしてスポーツ大会を行っているところも多いです。スポーツのジャンルも現在では幅広く、昔は野球やソフトボールが多かったですが、現在では最近人気のサッカーやフットサルなどもよく行われているようです。大きい大会になってくると、トロフィーを用意しているところも少なくありません。規模によっても大きさは変わりますが、地域の伝統的な大会などでは、かなり大きいサイズのトロフィーが用意されているところもあります。形も通常のモチーフ型から祝杯型、大会の種類によってはそれに見合ったモチーフのトロフィーが用意されたりもします。それらは優勝者に与えられ、コレクションとして飾っている方も多いです。近年はスポーツ大会も少なくなってきており、不況のあおりもあってか商品もあまり力が入っていなかったりもします。しかし、こういう時代だからこそ、各イベントに尽力し参加することによって団結力を高め、仕事や活動をスムーズに行う一つの原動力とすべきです。身体を動かす機会も少ない現代では、このようなイベントを積極的に行うことは健康やコミュニケーションなど様々な面でも必要となってくるはずです。

運動会・習い事の大会等に、子どもへ立派な贈り物を!選べる4種類のストリーム樹脂楯であればこちらから。スポーツは教え方次第では、良くも悪くも転びます。トロフィー屋さんから学ぶスポーツ雑学はこちらのサイトからどうぞ。スポーツ等の競技だけではなく、日頃の頑張りを讃えて評価することも時には必要になります。安心のクーリングオフ付き!トロフィー通販ならこのサイト。お祝いごとにもつかえるトロフィー